ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2016

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2020
  • ありがとうの本2019
  • ありがとうの本2018
  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
全ての奇跡へ
ありがとうの反対語など考えたことがなかった。答えは「当たり前」だそうで、ありがとうは漢字で書くと「有難う」と書き、有ることが難しい、稀であるという意味のようだ。即ち「奇跡」。我々は毎日起こる出来事を当然と思い、過ごしている。歩けて当然。目が見え耳が聞こえるのが当然。毎朝目覚めるのが当然。食事ができて当然。友達といつも会えるのが当然。生まれてきたのが当然。そして、生きていることが当然と。誰も疑う事なく今日と同じ日が明日も続いていくと思う。今日、誰かに出逢い、話し、笑い、食事をして、仕事ができる。こんな当たり前だと思える事が、本当は奇跡の連続だったみたいだ。そう思えた今、この瞬間から、当たり前ではないすべての奇跡に「ありがとう」を言わずにはいられない。
愛知県 22才 男性
交通当番さんへ
学校から帰るとき、交通当番のおじいさんやおばあさんは毎日のようにぼくたちを見守ってくれています。雨の日も、雪の日も、暑い夏の日も、いつもいつも笑顔であいさつをしてくれています。ぼくが元気をなくしていたときでも、おじいさんやおばあさんのあいさつの声をきくと自然と気持ちが明るくなり元気をとりもどすことができます。ぼくはあいさつが苦手なので、おばあさんやおじいさんのように笑顔であいさつができるようになりたいです。いつも見守ってくれてありがとうございます。
愛知県 11才 男子
母になった娘へ
あなたが生まれてから28年が経ちました。3才ぐらいだったかな、雨降りの日に傘をさして二人で歩いていたら、急に道端にしゃがんでじっと動かなくなりました。「どうしたの?」と聞いたら「お花が雨にぬれてるから、傘をさしてあげてるの。」とあなたは言いました。その瞬間、ハッとしたことは今でも忘れられません。あれから25年。その瑞々しい感性を持つあなたに、私はたくさんのことを教わりました。ありがとう、今度はあなたの番。これからはこの子と、教えたり教えられたり。素敵なお母さんになってね。あなたなら大丈夫。
愛知県 57才 女性
お父さんへ
決して裕福じゃなかったけど、決して甘くはなかったけど、そこには楽しい家庭がありました。父さんより稼げるようになったけど、父さんより酒は強くなったけど、父さんより立派な車に乗って、立派な家に住んでるけど、超えられない何かがある。きたない作業着で帰宅する父さんが嫌だったけど、見栄を張らず、自由に、やりたいことをやる。簡単にみえて、なかなかやれない。大人になって、初めてわかった。見栄を張り、人目を気にする僕に父さんを超えられるかな。お酒が好きで、自由、何事にも一生懸命、後先考えない父さんだけど、とても尊敬しています。いつまでも、超えられない背中でいて下さい。いつもありがとう。
愛知県 34才 男性
バスの運転手さんへ
娘がまだ小学生の頃、バスで塾へ行っていたある日のこと、バスに乗ってから、お財布を忘れた事に気付いた娘がすぐさま降りようとするとバスの運転手さんが「お金は今度持って来てくれたらいいよ。」と言って、バスに乗せてくれました。おかげで塾に遅刻せずに行けたことを家に帰ってきた娘から聞き、私はその運転手さんに驚きと感謝の気持ちでいっぱいになりました。今でもバスに乗ると思い出します。あの時のバスの運転手さん、娘に親切にしてくれてありがとうございました。
愛知県 50才 女性
野球チームの仲間へ
あなたは足が不自由でした。でもあなたは、今自分のできることを常に全力で行っていました。何回こけても、何回失敗しても、前を向いてきたあなたに、僕は心を打たれました。野球がつらくなり、ずっと休んでいた時、あなたは真っ先に声をかけてくれました。僕はあなたのその言葉を聞いて野球部に復活することができました。あなたのその言葉がなければ、今の自分はないかもしれません。あなたの前向きな表情と前向きな行動を僕はそんけいしています。今あなたは中学1年生ですね。あなたと過ごした4年間、僕はふつうの人には体験することのないことを体験しました。あなたと過ごし、たくさんの体験をありがとうございます。そして、いつまでも応えんしています。頑張れ!
愛知県 12才 男子
娘へ
熱が下がらなくて風邪だと思い受診を続けていた最中、救急車で運ばれ転院した3つめの大きい病院で「白血病です。」と告知されたあの日。あの日からもう2年。1年間の抗がん剤の入院治療。まだ2才だったあなた。毎日泣き叫んでいたあなた。治療が嫌で、痛いのが嫌で、飲み薬が不味くて嫌で、外に出たくて、思い通りにならない日々、怖くて、寂しくて、不安で…。言葉もまだ十分に話せないあなたのことを、毎日一緒に過ごしていたママも全てをわかってあげられなくて、毎日怒っては一緒に泣いてたね。あの日々を一生忘れない。忘れられない。いま、目の前で笑っていてくれることが嬉しい。他には何もいらない。生きていてくれてありがとう。
愛知県 34才 女性
若い人たちへ
私は年金生活者です。私は若い人達に感謝しています。若い人達が一生懸命働いて私達高齢者を支えてくれてます。だから私も彼らの役に立つことがないか考えています。電車バスなど乗るときも彼らが座れるようになるべく立っています。運動不足解消にもなりますし、難点は私が立っていると若い人達は座りにくいことかな。今、若い人達は高齢者より疲れている感じがすることもあります。それから、ボランティア。楽しいですよ。こんなに楽しいことしていていいのかしらと思うぐらいです。こんな楽しいことをして皆さんに喜んでいただけると思うと、またまた感謝です。「無償の愛」だから楽しいかもしれない。これが仕事なら?若い人達に感謝しています。ありがとうございます。
愛知県 66才 男性
弟へ
5つ下のあなたは知的障がいをもって生まれてきたね。きっと私たちには言わないけど、沢山辛いこともあったけど乗り越えてきたね。私はあなたが、今のあなたで生まれてきてくれて本当によかったなっていつも思う。あなたが言葉を話した時、歌った時、1人でバスに乗った時…。当たり前にみんなが出来ることに時間がかかるけど、出来た時は家族みんな涙を流して喜んだんだよ。喧嘩が嫌いなあなたのお陰で家族みんな優しい心を持てるようになりました、あなたなしではこんな仲良し家族にはならなかったよ。大人になるのは怖いけど、あなたはあなたのままだから安心してね。ずっと大好きな自分のままでいてください、家族はずっと一緒だよ。沢山大切なことを気づかせてくれるあなた、生まれてきてくれてありがとう。
三重県 23才 女性
ママのお腹の中にいたあなたへ
この世に生まれることはできなかったけれど、ママのお腹の中に確かに誕生してくれたあなた。パパとママは、あなたがお腹の中にいることが分かったとき、心の底から嬉しかったです。あなたとの未来をいろいろ想像しました。しかし、数ヶ月の内に、あなたの心音は聞こえなくなってしまいました。とても悲しかったです。たとえそれが運命だとしても。それでも、あなたはその短い命を閉じるまでの間に、私たちにたくさんの幸せな時間をくれました。そして、あなたは、かけがえのない命の尊さと、その命が生まれることの奇跡を私たちに教えてくれました。パパとママの子どもでいてくれて、本当にありがとう。私たちは、あなたがいたことを決して忘れません。あなたの分まで命を大切に生きていきます。生まれ変わったら、絶対にまた会おうね!
愛知県 33才 男性
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る