ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2016

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2020
  • ありがとうの本2019
  • ありがとうの本2018
  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
妻へ
ガン手術の前日のこと。家内がショートケーキを抱え病室へ「結婚記念日のお祝いをしようよ。」と。そういえば、49年前の5月29日に結婚。新婚当初から仕事に追われ、家庭や子供の事は一切家内にまかせきり。ある日、家内が交通事故に遭遇。私といえば遠方へ長期の出張、等々。家内には苦労のかけっぱなし。でも一切愚痴は言わない。今は娘も嫁ぎ、孫が2人。至福の時を送っていたところ、今年の2月私はガンを告知される。結婚記念日のことは頭にない。病室でケーキを食べながら「ガンを治して、来年は金婚式をしようよ。」と励ましてくれた。幸い手術も成功、経過も良好。来年の金婚祝いは出来そう。家内にありがとう。感謝、感謝!
愛知県 73才 男性
空手の先生へ
先生に教えてもらったことは、空手を通じて相手を思いやる心の良さ、礼儀の大切さなど、様々な相手に対する態度の事を教わりました。ぼくは空手を始めて6年目。先生はぼくが5年目の時に引退してしまいました。その5年間は、ぼくにとってかけがえのない様々な事を学ばせてもらった5年間でした。その中で自分が悪い事をした時は厳しく、自分が大会で良い成績を残した時は優しく、今までぼくを育ててくれました。ぼくが大会で優勝できたこと、入部した時に「先生がいる間に黒帯をとる。」とかわした約束。それを実現させてくれたのは先生です。先生がいなかったらこんなに早く、黒帯をとることはできなかったと思います。今までの教えは忘れません。ありがとうございました。
愛知県 12才 男子
家族へ
いつもありがとう。おいしいごはんを作ってくれたり、みんなを笑わせてくれて本当に幸せです。もし私が生まれ変わっても、私は必ず今の家族に生まれたいです。私がこの家族と出会ったのは、本当にキセキです。一番幸せなときは、みんなが仲良く笑いながら食べている食事のときです。私は思います。ケンカをしながら食べるのと仲良く食べる食事ではどちらがおいしく食べられると思いますか?私は仲良く食べる食事の方がおいしく食べれると思います。だからこれからもケンカをせずにおいしく食事をしようね。これからもよろしくおねがいします。これからも仲良くしようね。心から感謝をします。ありがとう。
愛知県 11才 女子
給食センターの人へ
いつもおいしい給食を作ってくれてありがとうございます。ぼくは、魚料理が苦手です。でも、給食は工夫されて調理されているので、おいしく食べられます。毎日の献立も栄養バランスが考えてあるので、あきずに食べられます。献立表を見て好きなメニューがあると、とても楽しみです。たくさんの学校の給食を作るのは、食材が重かったり、調理の時に火を使うので、夏は調理場がとても暑くなり大変だと思います。でも、ぼくたちのために毎日おいしい給食を作ってくれて、感謝しています。今度給食センターが新しくなります。今までよりも調理しやすくなると思うので、これからもおいしい給食を作ってください。よろしくお願いします。
愛知県 12才 男子
長男へ
今年の春、小学校5年間がんばってきた少年野球チームの最後の試合があった。自分が共働きで飲食店を経営しているので、子どもの練習を見に行ったことが一度もありませんでした。ただ、子どもとの会話のなかでは「今日の試合は2打席ヒット打ったよー。」とか、なるべく話を聞き、土曜日と日曜日の店が忙しく、一緒に時間が過ごせない分、平日の学校帰りは、よく話をしていました。そして最後の試合だけは来て欲しいと、息子から初めて懇願されたのもあって、お店を休みにして行きました。試合後に、卒団式のセレモニーがあって、一塁側に私が立ち、三塁側に息子が立ち、息子から大きな声で「5年間野球することを応援してくれてありがとうございました。お父さんが忙しい中、話を聞いてくれたり、休みの日にキャッチボールしてくれたのがうれしかったです。でも、最後の日に大切なお店を休んでまで来てくれた今日が一番うれしいです。」と言ってくれました。ただただ今までそばにいてあげれなかったもどかしさと、ここまで成長した息子を見れて、心からありがとう。 
愛知県 36才 男性
お父さんへ
お父さんいつもお仕事おつかれ様です。私のお父さんは車の仕事をしています。いつも帰りがおそくてがっかりしています。でも、仕事が休みの日は思いっきり遊んでくれます。でも、本当はつかれているんだということをたまに考えます。だから毎回お父さんと遊びたい自分と、ゆっくりくつろいでほしい自分がいます。でも、自分は遊びたいので遊べる時は遊びます。なのでお父さんが早く帰ってきた時はいつもゆっくりしてねと思い、私はウソをつき宿題といってお父さんをきゅうけいさせてあげます。毎日本当に家族のために働いてくれている事に感謝しています。父の日にしか言った事ないけど、いつも自分の事でいっぱいのはずなのに心配してくれてありがとう。本当にありがとう。
愛知県 11才 女子
会うことの無かった兄と姉へ
母のおなかの中で、生まれることなく亡くなった兄さん、姉さん。私は母に、このことを聞いて、兄さんや姉さんが生まれてきていればよかったと言った。それを聞いた母は「兄さんや姉さんが生まれていれば、あなたや妹は生まれてなかったかもしれないんだよ。」それを聞いて私は気が付いた。兄さんや、姉さんが、私や妹に命を与えてくれたのだということを。兄さんや姉さんが、私達に命をつないでくれたのだということを。兄さん、姉さん、ありがとう。どうか天国で見守っていてください。兄さんや姉さんの分まで精一杯生きていきます。本当に、ありがとう。
愛知県 12才 男子
飼い猫メイへ
3年半前、会社倉庫に生まれたばかりで捨てられていた3匹の猫。独り暮らしだった私は何も考えずに3匹とも連れて帰りました。しかし親猫から乳をもらうのと、素人がミルクを飲ませるのは別物で、1日が過ぎる頃、2匹を死なせてしまいました。最後の1匹も段々動きが弱くなる中「頼むから生きてくれ」と祈る事しか出来ませんでした。一夜明け、動かない猫を恐る恐る触ると、弱々しくもはっきりと泣声を出し、少しずつミルクを飲む姿を見て、私は命というものに本当に感謝をしました。死んだ2匹の分も生きて欲しくて、名を命と書いてメイと付け、今日も元気に生きています。私に命の強さを教えてくれてありがとう。一緒に長生きしていこう。
愛知県 43才 男性
お母さんへ
お母さんは休みの無い仕事をしています。それは「お母さん」という仕事です。年中無休で一生懸命頑張っているよね。私たちは休日、ごろごろと過ごしているけれど、お母さんは休日でも朝早く起きて料理や洗濯、お掃除を休むことなくしてくれているね。そんな忙しい中、急に母方のおばあちゃんが倒れて亡くなってしまいました。けれどお母さんは泣くのをこらえているように見えたよ。きっと、とても悲しかったんだよね。いつもいつも色々と頑張っているお母さん、そんなお母さんに憧れています。普段は恥ずかしくてこんな事、なかなか言えないけれど、ここで言うね。本当にいつもいつもありがとう。
愛知県 12才 女子
「ありがとう」を言ってくれた君へ
「応援してくれてありがとう。」「拾ってくれてありがとう。」「心配してくれてありがとう。」いろいろな「ありがとう。」をありがとう。言われると自然と笑顔になってうれしくなるよ。あと、言われると、自分がいいことをしたんだと自信が持てるようになったよ。みんなにも、自信を持ってほしい、そう思って「ありがとう。」を言うと、また、うれしくなったよ。「ありがとう。」を言う人も言われる人も、同じ気持ちになるんだね。だから私も、いろいろな人にいろいろな「ありがとう。」を伝えていきたいと思います。これからも、今までみたいなすてきな「ありがとう。」をよろしくね。そして、その「ありがとう。」で、私にまた自信をください。
愛知県 12才 女子
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る