ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2016

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2020
  • ありがとうの本2019
  • ありがとうの本2018
  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
父へ
20年間育ててくれた父に「ありがとう」を伝えたいです。父は私が1才半の頃から男手一つで育ててくれました。私が幼い頃は休みがあれば色んな所に旅行に行ったりと、今となっては私が寂しくならない様にしてくれていたんだと思いました。父は昔、厳しい母と優しい父の家庭が理想だったと聞いた事があります。時には母の様に厳しく叱られたり、マナーや礼儀はうるさく言われ続けました。そして時には優しく、私が悩んでいた時人生の先輩としてアドバイスをしてくれたりと支えてくれました。一人で父と母の二役をして今日まで私を見離すことなく育ててくれた事に感謝しています。次は私が働いて親孝行していきます。
愛知県 20才 女性
妻へ
いつもいつもケンカばっかりしているね。ケンカするほど仲が良いというけれど、やっぱりケンカはしない方が良いよね。本当は「ありがとう」って言いたい時もいっぱいあるんだよ。でも、なかなか恥ずかしくて言葉にできません。結婚して30年。今までに何回「ありがとう」って言ったかな?これからは、「ありがとう」を言えるようになりたいです。結婚してくれてありがとう。子供の成長を見守ってくれてありがとう。いつもおいしいごはんをありがとう。家の中にたくさん「ありがとう」があったんだね。ありがとう。
愛知県 65才 男性
お兄ちゃんへ
私は、お兄ちゃんが東京にいっちゃって、とってもさびしいよ。でも、毎年、たん生日プレゼントを送ってくれてありがとう。毎年夏、冬に帰ってきてくれてありがとう。お兄ちゃんが家にいるころは、たまにけんかをして「お兄ちゃんなんて大きらい。」って、思ったときもあったけど、今は「早く帰ってこないかな。」とか、「お兄ちゃんに会いたいな。」とか、ずっと考えているよ。お兄ちゃん、もうすぐ夏休みだね。早く帰ってきてね。帰ってきたらまた、たくさん遊ぼうね。まってるよ。そして、いつもはあまり言えないけど、いつもありがとう。お兄ちゃんが大好きだよ。私はお兄ちゃんの妹になれてとても幸せだよ。
愛知県 11才 女子
部活動の友人へ
共に剣道部に入部して約1年半、普段何気なく「ありがとな。」と言うものの、このような長い文章で感謝を伝えるのは初めてかもしれませんね。右も左も分からない初心者だった僕を、あなたは今日この時まで徹底的に教えてくれました。時には弱気な表情を見せてしまったり、言われたことをこなせなかったり、やるべきことができなかったりと散々迷惑ばかりかけてきました。それでもあなたは、そんな僕にもいやな顔一つせず剣道を教えてくれました。特に一級審査の指導はとても助かりました。受かった時の恩は決して忘れません。次は初段、あなたに教わったことを全て出し切り、無事合格してきます。僕はあなたと同じ部活で剣道ができて本当に幸せです。今度は副部長の僕が部長のあなたを支える番です。「出会いは一瞬、出会えば一生」
愛知県 17才 男性
夫へ
いまあなたが元気でいることに感謝しています。毎日二人でいる時は空気のような存在だったけど…。急な入院生活であなたがいなくなった10日間、私はただぼーっとしてねむれない夜を過ごしていました。あなたがいてくれた時は何も感じなかったけれどいない、という事にすごく淋しさを感じました。退院して以前のように変わりない生活を送っていますがそれでいい。それがいいです。大切に思っています。いつもありがとう!ずーっと一緒にいようね。「心配かけて悪かったなぁ。」と照れるように私に言ってくれました。本当にいてくれてありがとう。幸せってお互いに思いやる心が大切ですね。まもなく結婚50年になるね。いつまでも仲良くしてね。これからも大切にします。やさしい孫たちばかりで幸せに思います。
岐阜県 68才 女性
元担任の先生へ
私はあなたに出会って大きく変わったことが2つあります。1つ目は人の見方が変わったこと。2つ目は考え方がかわったこと。5、6年とあなたが担任で正直うんざりでした。でもいつもまっすぐにぶつかったり、私たちの目線に合わせてよりそってくれたり、どんな事にも一生懸命だった。でもその時はすなおにうけとれなかった。だけど、今になってやっとわかった。いつも楽しく学校にこれたのもぜんぶぜんぶ先生のおかげだって。小学校の卒業、今までの思い出がたくさんあふれてきた。ずっと一緒にいた人の大切さがこの時初めてわかった。本当にありがとう。ここでは伝えられないほどの感謝でいっぱいです!
愛知県 13才 女子
両親へ
「ありがとう」たった一言だけど身近な人にほど伝えることができていません。私が感謝の気持ちを伝えたいのは両親です。看護師になると心に決め、進学や就職は私と先生で決めてしまいました。でも両親は反対せず県外に出してくれました。知らない町での生活、不安と期待に胸を膨らませていた私。引っ越しの後、窓から外を眺めていた父の姿を今でも忘れません。「何かあったらこれで帰っておいで。」と渡された祝儀袋に入った一万円札、今でも大事に持っています。そしてこれが父の形見となりました。私はありがとうを伝えることができないまま父は他界してしまいました。感謝の気持ちは伝えたい時にきちんと伝えること。今はそう感じています。自分が後悔しないために。そう教えてもらったのも両親でした。ありがとう。
愛知県 41才 女性
お母さんへ
いつも笑顔で話しかけてくれるお母さん。笑顔で話しかけてくれると、私も自然に笑顔になれます。朝、学校に行くときも「行ってきます。」と言えば、お母さんも「いってらっしゃい。」と笑顔で言い返してくれる。そんなお母さんの元気な声と笑顔で私は、元気で学校に行ける。笑顔で学校に行ける。私が学校にあまり行きたくない日でも「行ってきます。」と言うと「いってらっしゃい。」と笑顔で言い返してくれる。それで私は、学校にあまり行きたくない日でも笑顔で行ける。だから私は、お母さんが家を出るのが早い時は、笑顔で「いってらっしゃい。」と言った。そしたらお母さんも笑顔になった。それで私は気づいた。自分が笑顔になれば、相手も笑顔になるということを。そんなことを気づかせてくれたお母さんにありがとう!
愛知県 12才 女子
おじいちゃんへ
ぼくがまだ小さい時、ぶらり電車に乗って遠くまで2人だけで内緒の旅をしたね。その時食べたアイスおいしかったね。おばあちゃんとお母さんとお姉ちゃんがコロッケの舞台を観に行った時、ぼく達は東浦イオンへサーカス団を観に行ったよね。ライオンやゾウやトラが出てきて、びっくりしたね。一瞬怖かったけど楽しかったね。電車好きのおじいちゃんとぼく。プラレールですごい複雑な線路作りしたね。最初は丸い線路しかできなかったけど、おじいちゃんのを見てぼくも考えておじいちゃんを超える線路作れるようになったのに3年前の夏、僕の線路を行くように逝ってしまった。僕に色んな体験をさせてくれてありがとう。今僕は小学6年生になったよ。空から見ててね。
愛知県 11才 男子
両親へ
働き始めて1年と半年が経ち、社会人の大変さを痛感しています。お父さん、お母さんからは一度もそんな話を聞いたことがありませんでした。辛いと思ったこと、大変だと思ったこと多々あると思います。それでも、私を育てて、立派な大人に育ててくれたことにとても感謝しています。すぐには父、母のような立派な社会人にはなれないのかもしれないけれど、親の背中を見て子供も育っていくのだと思うので、努力を続けていきたいと思っています。学生時代はなかなか感謝の気持ちを伝えることはできなかったけれど、同じ社会人という立場になって感謝の気持ちを伝えることの大切さに気づかされました。お父さんお母さんありがとう、感謝しています。
福井県 23才 男性
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る